SSブログ

風景写真、猫の写真など載せています。楽しんでもらえればと思います。

僕の写真紀行は容量いっぱいになりましたので、 僕の写真紀行2に移行します。 またよろしくお願いします。

歴史的な建築物に惹かれて(大垣市の円興寺・願證寺) [歴史的建築物]

円興寺に行く途中に撮影。

桜はもうほとんど散ってしまった。


撮影:OM-D E-M10 MarkIII、LUMIX G VARIO 12-60mm


P4140443.jpg-1.jpg




円興寺は紅葉で有名で、以前行ったことがあった。

鐘楼が立派だった記憶があるので、撮影しに来たのである。



(円興寺の解説)

円興寺(えんこうじ)は、岐阜県大垣市にある天台宗の寺院である。
山号は篠尾山。本尊は木造聖観音菩薩立像(国の重要文化財)。
西美濃三十三霊場第三十二札場。
かつては山頂に存在していた。旧円興寺跡地には礎石が残り、
源朝長の墓、源義朝、源義平の供養塔などが残る。
現在の円興寺には源朝長の位牌や関わる遺品がある。

寺伝によれば、790年(延暦9年)、美濃国不破郡青墓の大炊氏に懇願され、
最澄が開山したという。
1574年(天正2年)、織田信長により焼き討ちにあい、全てを焼失する。
この際本尊が勝手に動き、石の上へ難を逃れたという。
このことから、本尊を石上観音と呼ぶ。
1658年(万治元年)に再興され、現在地へ移転する。


P4150505.jpg-1.jpg




本堂

P4150515.jpg-1.jpg

P4150524.jpg-1.jpg




P4150555.jpg-2.jpg




P4150562.jpg-1.jpg





P4150563.jpg-1.jpg





P4150564.jpg-1.jpg



石楠花が咲いていた。


P4150565.jpg-1.jpg




P4150577.jpg



源朝長公の墓所

P4150576.jpg-1.jpg




これで円興寺を後にした。

P4150578.jpg



次に願證寺に行った。

円興寺から近い場所にある。

ネットで調べてみたら、

大きそうな寺院だったので行ってみたのである。

(願證寺の解説)

願證寺(がんしょうじ、願証寺)は、岐阜県不破郡垂井町平尾にある浄土真宗東本願寺派の寺院。
「平尾御坊 願證寺」と称される。

文亀2年(1502年)、本願寺8世法主蓮如の6男で、長島願証寺を開いた蓮淳により、
真徳寺として開基された。
また、本願寺が東西に分派した際、美濃国安八郡三塚村の真徳寺(現大垣市三塚町所在)も東西に分かれ、
教栄・准栄の兄弟は三塚真徳寺に残って西派(浄土真宗本願寺派)に属し、
末弟の栄寿が不破郡平尾村に移り、平尾真徳寺を建て断然長男の本願寺12世教如につき、
東派(真宗大谷派)に属した。
栄寿は慶長年間(1596年 - 1615年)に大垣藩主石川忠総から大垣中町に寺地を寄進され、
真徳寺通所(後の大垣御坊開闡寺)を創建している。
あるいは、蓮淳の次男実堯の次男証栄が、織田信長の長島攻めで長島願証寺が落城断絶した後、
西美濃門徒の懇望により真徳寺を開創したともいう。
なお、初めは不破郡赤坂村(現大垣市赤坂町)にあり、
文禄5年(1596年)9月から慶長12年(1607年)10月までの間に平尾村に移ったとも見られる。
慶長19年(1614年)、本山の命により平尾真徳寺、西円寺(安八郡草道島村)、
専勝寺(同郡小野村)、等覚坊(同郡高橋村)、永徳寺(同郡横井)の五ヶ寺が
西美濃末寺を統制する触頭とされたが、元禄7年(1694年)には真徳寺一ヶ寺のみと改められた。
他の四ヶ寺は触頭の継続を本山に陳情し、真徳寺が触頭で有る事を良しとはしなかったが、
享保3年(1743年)には、真徳寺は布教の中心である掛所となり、
平尾御坊と称されるようになった。
安永2年(1773年)5月、9世真高のとき、
伊勢長島願証寺の寺跡が久しく断絶しているのを憂いた東本願寺19世法主乗如の御命により、
真徳寺を願證寺と改号された。
一家衆として寺格もますます高くなり、西美濃の諸寺は本山東本願寺に不服を訴えたが、
翌3年11月には本山が願證寺触下の300余の寺院に対して訓戒を下した。
翌4年には、なおも不服を言う西円寺の賢淳と表佐宝光寺の顕秀に願證寺との和解を命じ、
国元で二十日間の閉門を命じた。
一方、栄寿が創建した大垣中町の真徳寺通所は、寛永元年(1624年)3月に伝馬町に移転し、
安永2年(1773年)に真徳寺が願證寺に改号されたのに伴い大垣掛所願證寺に改称した。
大垣藩はこの大垣掛所を藩内の真宗寺院の統制の中心にしようと、
願證寺から分離し本山の直接支配とするよう何度も嘆願したが、
本山はこれも許可しなかった。
しかし、嘉永5年(1852年)8月、藩主戸田氏正は願證寺の承諾を以て、
甥の大井勝相を大垣掛所の住職にすることを本山東本願寺に上申し、
同年10月に本山は大垣掛所を御坊格掛所として寺号を開闡寺と改め、勝相を住職に任命した。
勝相は東本願寺21世法主厳如の猶子とされ、万延元年(1860年)に得度して、
東本願寺連枝に准ぜられた。
これにより、開闡寺は願證寺に替わって西濃の東本願寺末寺の総取締となり、
勢力を強めることとなったという。
1979年(昭和54年)、願證寺は真宗大谷派より離脱し、
東本願寺(旧・東京本願寺)法主を中心にした浄土真宗東本願寺派として今日に至っている。



山門を撮影。

堂々たる姿と彫られている紋様に惚れ惚れしながら撮影していた。

P4150580.jpg-1.jpg





P4150581.jpg-1.jpg





P4150586.jpg-3.jpg





P4150587.jpg-3.jpg





P4150636.jpg-1.jpg





P4150642.jpg-1.jpg



山門から本堂を撮影。

P4150643.jpg-1.jpg




本堂

かなり大きい。

真宗系の本堂は大きい。

P4150649.jpg-1.jpg





P4150650.jpg-1.jpg




P4150655.jpg-1.jpg





P4150656.jpg-1.jpg



鐘楼

P4150660.jpg-1.jpg



nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 45

コメント 8

旅爺さん

桜は散っても寺々をのんびり徘徊してみるのは楽しいですね。

by 旅爺さん (2020-04-16 08:35) 

U3

minsukeさん こんにちは。
鐘楼は山道の階段を上って直ぐの右側にあるように見えますね。
by U3 (2020-04-16 16:24) 

minsuke

旅爺さん、コメントありがとうございます。
お寺はまず人がいないので、今の時期感染の心配がなくていいです。
出歩くこと自体、自粛しないといけないのかもしれませんが。

by minsuke (2020-04-16 18:05) 

minsuke

U3さん、コメントありがとうございます。
鐘楼はその通り、階段を上ってすぐ右です。
写真を載せている順番で、混乱させてますかね。(汗)
by minsuke (2020-04-16 18:07) 

ミスター仙台

訪問&nice!ありがとうございました。
by ミスター仙台 (2020-04-17 18:49) 

JUNKO

重厚な感じのお寺ですね。襟を正してシャキッとします。
by JUNKO (2020-04-17 20:50) 

minsuke

ミスター仙台さん、書き込みありがとうございました!
by minsuke (2020-04-17 22:13) 

minsuke

JUNKOさん、コメントありがとうございます。
重厚なお寺はなかなかないので、
ネットで写真を見て、判断して行っています。
修繕が施されていて古さがないと重厚感出ませんしね。
by minsuke (2020-04-17 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。