SSブログ

風景写真、猫の写真など載せています。楽しんでもらえればと思います。

僕の写真紀行は容量いっぱいになりましたので、 僕の写真紀行2に移行します。 またよろしくお願いします。

東尋坊夕景 [福井県]

今回は、夕刻の東尋坊の景色を載せたいと思う。

pict0034.jpg


東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島に位置する崖。
越前加賀海岸国定公園に属する。

海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25mの岩壁が続く。
この岩は輝石安山岩の柱状節理でこれほどの規模を持つものは
世界に三箇所だけであり地質上極めて貴重とされ、
国の天然記念物及び名勝指定を受けている。
地名の由来は、乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って
此処から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧の名前による。

東尋坊は、今から約1,200 - 1,300万年前の新生代第三紀中新世に
起こった火山活動で、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、
日本海の波による侵食を受け地上に現れたものとされている。
東尋坊の火山岩は白色の斜長石の斑晶や暗緑色の普通輝石・紫蘇輝石の
斑晶を含む安山岩で、マグマが冷えて固まるときにできた五 - 六角形の柱状の
割れ目(柱状節理)がよく発達している。
この柱状節理の規模の大きさが地質学的に極めて貴重であるとされ、
昭和10年(1935年)に国の天然記念物・名勝に指定された。
また、平成19年(2007年)には日本の地質百選に選定された。

pict0035.jpg





pict0036.jpg





pict0037.jpg





pict0038.jpg





pict0039.jpg





pict0040.jpg





pict0041.jpg





pict0041.1.jpg





pict0042.jpg





pict0044.jpg





pict0045.jpg





pict0045.1.jpg





pict0045.2.jpg




pict0046.jpg





pict0046.1.jpg





帰るころには誰もいなくなっていた。

pict0048.jpg

撮影:Nikon D300


タグ: 福井 東尋坊
コメント(8) 
共通テーマ:旅行

コメント 8

mitu

おはようございます。
東尋坊、もう30年位前に行きました。
足がすくんだ記憶があります。
黄金色に輝いた海は、宝石のようですね。
いつも素敵なお写真有難うございます。
by mitu (2009-12-27 08:28) 

green_blue_sky

東尋坊、親戚が近くにいるので、小さい頃はよく遊びに行きました。
でも近づけない(;^_^A アセアセ・・・
夕焼けはとてもきれい~
by green_blue_sky (2009-12-27 12:34) 

mito_and_tanu

絶景。。。
目がくらみそうな臨場感ですね。
東尋坊の名の由来を初めて知りました。
by mito_and_tanu (2009-12-27 17:43) 

そらまめ

こんばんは。
東尋坊、行ったことないんですよね~・・・
日本海は荒々しいイメージですが
穏やかですね。
ほんと、目がくらみそうな絶壁です・・・
by そらまめ (2009-12-27 21:12) 

chariko

信じられないくらいキレイな夕日~!!
福井県は1回だけ出張で行ったことがありまして、
東尋坊ではないですが、海がきれいだった記憶があります^^
高いところダメな私ですが、ここは是非見てみたいです~。
お写真を拝見するに、ボートで海側から見ることも
できそうですね。それだっ!!(爆)
by chariko (2009-12-28 13:25) 

マリエ

すばらしい!絶景ですね~\(^▽^)/
東尋坊はとっても有名なところですよね、行ったことないですが、この迫力ある写真で堪能しましたよ。
夕日も海もなんてきれいなんでしょ、minsukeさん実際にご覧になられて
羨ましいです。確か両親が昔行ってるのですが、写真がないんですよ、やっとみれたぁ~自然の力って凄いですね。
by マリエ (2009-12-28 13:57) 

soichiro

すごい場所ですね、東尋坊。
かっこいい景色ですね。
実際に下をのぞき込んだら、足から背中にかけて
すくすくっとナニカが走るんだろうなぁ。
by soichiro (2009-12-28 15:00) 

STEALTH

私も夕方に行きました。誰もいなくなってからが、いいですよね。
by STEALTH (2009-12-30 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

国宝「瑞龍寺」古寺雪景色 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。