SSブログ

風景写真、猫の写真など載せています。楽しんでもらえればと思います。

僕の写真紀行は容量いっぱいになりましたので、 僕の写真紀行2に移行します。 またよろしくお願いします。

古寺に惹かれて(総合版) [滋賀県古寺シリーズ]

今回は、古寺を主に載せたいと思う。

川の風景や村の風景も撮影順に入れたいと思っている。

写真は70枚ほどです。



まずは横蔵寺に向かっている。

山を越え、川を越えて行く。

pict0000.jpg






横蔵寺に到着した。

赤い橋は医王橋。

(横蔵寺の解説)

横蔵寺(よこくらじ)は岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原にある天台宗寺院。
山号は両界山、本尊は薬師如来。西美濃三十三霊場第一番札所。
国の重要文化財を含む多数の文化財を有し、「美濃の正倉院」とも呼ばれる。
紅葉の名所でもあり秋の行楽シーズンには特に多くの参拝客が訪れる。

平安時代~鎌倉時代の仏像等、多くの文化財を有する古寺であるが、
草創や沿革については史料が乏しく、
平安時代末期ころまでの寺史はほとんど不明といってよい。
寺伝によれば、横蔵寺は日本天台宗の宗祖・最澄が
自作の薬師如来を安置して創建した寺とされている。
伝承によれば、最澄は比叡山延暦寺を開創する際に、
本尊薬師如来像を自ら刻んだが、その薬師如来像を造ったのと同じ霊木から、
もう1体の薬師如来像を造った。
最澄は、その2体目の薬師如来像を
笈(おい、山伏や山林修行者が背中に背負う箱状のもの)に入れて
背負いながら諸国を旅したが、
延暦22年(803年)、横蔵寺のある地まで来た時に
薬師如来像が動かなくなったので、
ここに一寺を建立して薬師如来像を祀ることにし、
地元の三和次郎大夫藤原助基が寺を建立したという。
最澄自ら、笈を背負って都から遠く離れた美濃の山奥までやって来たというのは、
史実として信じることはできないが、
当寺が延暦寺と関係の深い寺院であることを示唆しているといえよう。

横蔵寺に現存する仏像の中で、大日如来像(重要文化財)には
平安時代最末期の寿永2年(1183年)の銘があり、
同年、三重塔の本尊として造立されたことが明らかである。
また、金剛力士(仁王)像には、建長8年(1256年)の銘があり、
作者は鎌倉時代を代表する仏師の一人である定慶(じょうけい)
であることがわかっている。
横蔵寺は、元亀2年(1571年)、織田信長の兵火で焼失し、
現在ある本堂、三重塔、仁王門などの主要伽藍は江戸時代の復興である。
織田信長の比叡山焼き討ちによって、延暦寺の伽藍が灰になった後、
横蔵寺の本尊薬師如来像は、
「延暦寺本尊と同じ霊木から造られた、最澄自作の像」という由緒ある像だ
ということで延暦寺に移された。
その代わりに、洛北の御菩薩池(みぞろがいけ、現・京都市北区の深泥池)から
移されたのが、横蔵寺の現本尊である薬師如来像であるという。
横蔵寺は、多くの文化財を有する寺として知られるとともに、
「ミイラのある寺」として知られている。
舎利堂に安置される「舎利仏」すなわちミイラは、
妙心法師という人物の遺体である。
妙心法師は横蔵寺の地元の村の出身で、俗名を古野小市良と言った。
天明元年(1781年)に生まれ、諸国を巡って仏道修行をし、
文化14年(1817年)、断食修行の後、今の山梨県都留市で即身成仏したという。
遺体は何らの加工もなく、自然にミイラ化したとされ、
当初は成仏した地の山梨県で保存されていたが、
遺族らの要望により、明治23年(1890年)、
本人の出身地の横蔵寺に移された。


重要文化財(国指定)
木造薬師如来坐像(秘仏で六十年に一回開帳される)
木造大日如来坐像
木造四天王立像
木造十二神将立像
木造深沙大将立像
木造金剛力士立像
板彫法華曼荼羅

pict0004.1.jpg





pict0005.jpg






pict0006.jpg






pict0007.jpg




山門

pict0008.jpg






pict0009.jpg






pict0010.jpg







pict0011.jpg





山門

pict0012.jpg





山門

pict0013.jpg






三重塔

pict0014.jpg




三重塔

pict0015.jpg




瑠璃橋

pict0016.jpg





pict0017.jpg




山門越しの香堂

pict0018.jpg





三重塔

pict0019.jpg






山門

pict0020.jpg






山門

pict0021.jpg




山門

pict0022.jpg




山門

本堂は改修中で撮影できなかった。

pict0023.jpg





三重塔の初重部分

pict0024.jpg







pict0025.jpg





観音堂

pict0026.jpg





瑠璃殿へと続く石段

pict0027.jpg






pict0028.jpg





舎利殿

この中にミイラがある。

撮影は禁止だった。

瑠璃殿の中の木像も撮影は禁止だったので載せることはできない。

このあたりは寺を記事にすることの限界かなと思う。

ミイラに関しては解説をご参照ください。

pict0030.jpg





pict0031.jpg




横蔵寺の出口にある無人販売所

pict0033.jpg





栗やお茶など売られていた。

pict0034.jpg






pict0035.jpg





横蔵寺はここまで。

pict0036.jpg






303号線で岐阜から木之本に向かった。

その際に撮影したもの。

「恋のつり橋」

カップルでにぎやかな時もある。

pict0037.jpg






田舎の風景が続く。

pict0038.jpg






pict0039.jpg






pict0040.jpg







pict0041.jpg







pict0043.jpg







pict0044.jpg







pict0046.jpg






303号線沿いの景色。

揖斐川町から木之本町に向かっている。

pict0047.jpg





pict0048.jpg






pict0049.jpg






pict0049.1.jpg






pict0050.jpg






pict0051.jpg







pict0052.jpg






杉野川

pict0051.1.jpg





木之本町杉本あたり。

pict0053.jpg






pict0055.jpg





pict0056.jpg






pict0058.jpg






pict0059.jpg






pict0060.jpg






pict0062.jpg






pict0064.jpg






pict0065.jpg





乙高閣(こだかみかく)あたり

己高閣は、己高山鶏足寺の寺宝の収蔵庫で本尊十一面観音(重文)、
七仏薬師像他重要な仏像が収納されている。
その裏側に地区民の浮財で建設された世代山戸岩寺の
寺宝の収蔵庫・世代閣がある。
魚篭を左手に持った魚藍観音菩薩像や薬師寺如来立像(重文)、
十二神将、浅井長政に嫁いだお市の方の嫁入り道具の一つであった屏風、
古文書等逐次展示されている。

pict0066.jpg







pict0067.jpg







pict0068.jpg





石道寺(しゃくどうじ)

渡岸寺から20分ほどで石動寺に着く。
石道寺は己高山麓にある真言宗豊山派の寺。
神亀3年(726)に延法上人が創建され延暦23年(804)伝教大師が
十一面観音を祭り再興された。
後世に天台宗を廃して真言宗になった。

平安から鎌倉時代にかけて己高山七大寺の一つとして栄えた。
その後徐々に荒廃し、明治29年(1896)ついに無住の寺となった。
大正3年(1914)本堂を現在地に移築、
その翌年、石道観音堂(旧高尾寺)と合併し新石道寺が誕生した。


pict0069.jpg







pict0070.jpg




平安末期の作と伝えられる本尊の十一面観音立像は、
写真奥の本堂に安置されている。
国指定の重要文化財で、高さ173cm、欅の一木造に極彩色を
施したもので、唇にほのかに朱が残っている。
両脇の持国天、多聞天も国の重要文化財に指定されており、
どちらも欅の寄木造で、鎌倉時代の作。
甲冑に身を固めた力強い像である。
写真でお見せできないのが残念。

pict0071.jpg





渡岸寺観音堂は向源寺の近くにある。

真宗大谷派向源寺の所属で、渡岸寺観音堂は通称。
奈良時代、聖武天皇の勅願により泰澄が十一面観音立像を
刻んで観音堂を建立したと伝えられる。
その後最澄が七堂伽藍を建てて以来栄えた。
戦国時代、浅井・織田両軍の戦いで、寺は焼失したが、
本尊の十一面観音立像は土中に埋められて災禍を免れた。

高さ1.95m、平安初期の一木造で、
井上靖の『星と祭』や水上勉の『湖の琴』、土門挙の写真などにより全国的に有名。
国宝十一面観音像は大日如来像と一緒に収容されている。

白州正子も著書で書いているように後姿を含めて秀麗且つ官能的で
特に両耳の大きな耳とうがインドや聖域の影響を受けて特徴的である。
十一面観音は自在菩薩ともいわれ左手に水瓶を持っている。
頭上の面は前の三面は慈悲菩薩面、化仏は阿弥陀如来 
向かって右三面は瞋怒面(しんぬめん)仏道に導く。
向かって左三面は白牙上出面(ばくげじょうしゅつめん)善行を薦める 
後ろの一面は暴悪大笑相(ぼうばくだいしょうめん)悪を威圧 
頂上は仏面 二臂像と四臂像がある。
夫々の表情は観音経により人間の苦しみを助け諭すためのものである。


なお十一面観音は国宝がたったの7体のみである。

奈良県・・・室生寺、聖林寺、法華寺

大阪府・・・道明寺

京都府・・・観音寺  六波羅蜜寺

滋賀県・・・渡岸寺

pict0073.jpg





pict0072.jpg






pict0074.jpg







pict0075.jpg






奥に見える本堂の脇の収納庫に国宝の十一面観音像がある。

pict0077.jpg



これが国宝の十一面観音像

WEBより引用

pict0077.1.jpg




この十一面観音像は背後の暴悪大笑相があるゆえに広く知れ渡っている。

WEBより引用



pict0077.2.jpg







pict0078.jpg








pict0079.jpg








pict0082.jpg

撮影:panasonic LUMIX DMC-G1



共通テーマ:旅行

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。