SSブログ

風景写真、猫の写真など載せています。楽しんでもらえればと思います。

僕の写真紀行は容量いっぱいになりましたので、 僕の写真紀行2に移行します。 またよろしくお願いします。

奈良・古の人々に想いを馳せて(総合版) [奈良]

(これは総合版なので、200枚ぐらい一気に載せています。)

今回は奈良にある山の辺の道の写真を載せたいと思う。

奈良に興味のある方や、歴史に興味のある方はそれなりに楽しめると思うので

ざーと見ていただければと思う。



石上神宮から大神神社(おおみわじんじゃ)まで歩いた。

大体15キロほどを写真を撮りながら7時間ぐらいで歩いている。


(山の辺の道の解説)

飛鳥と平城(奈良)を結ぶ古の官道が山の辺の道。
そのうち道がよく整備され、見どころの多いのが天理~桜井で、
休日には大勢のハイカーを迎えている。
野を過ぎ、林を抜け、小鳥のコーラスを聞いて歩く道沿いには、
大和棟の美しい民家、神話の時代からまつられている神社、
おびただしい数の古墳が残り、歴史へのロマンをかきたててくれる。




まずは石上神宮の駐車場から見える風景を。

奈良らしい風景だなと思って撮影。

pict0000.jpg


(石上神宮の解説)

石上神宮(いそのかみじんぐう)は奈良県天理市にある神社。
式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社(現在は神社本庁の別表神社)。
中世には二十二社の中七社のひとつとされた。
尚、『日本書紀』に記された神宮は、伊勢神宮と石上神宮だけであり、
その記述によれば、日本最古設立の神宮となる。

pict0001.jpg




pict0002.jpg






pict0003.jpg






pict0004.jpg





pict0005.jpg






pict0006.jpg






pict0007.jpg






pict0008.jpg






pict0009.jpg





pict0010.jpg






pict0011.jpg






pict0012.jpg






pict0013.jpg





pict0014.jpg





石上神宮を後にして、内山永久寺に向かった。

pict0015.jpg






pict0016.jpg





このハス池には花はもうなかった。

pict0017.jpg





これはりんごである。

山の辺の道沿いではいろいろな果物を目にすることができる。

pict0019.jpg





pict0020.jpg





山の辺の道沿いにはいろいろな野仏が見られる。

pict0021.jpg





pict0022.jpg






pict0023.jpg





白いハスが咲いていた。

pict0024.jpg







pict0027.jpg







pict0029.jpg



内山永久寺跡にて池周りを撮影。

(内山永久寺の解説)

内山永久寺(うちやまえいきゅうじ)は奈良県天理市杣之内町にかつて存在した寺院である。
日本最古の歴史の道といわれる山の辺の道沿いにある。
永久年間(1113年-1118年)に鳥羽天皇の勅願により興福寺大乗院第2世頼実が創建し、


第3世尋範に引き継がれて堂宇の整備が進められた。
このため、当初より興福寺大乗院の末寺としての性格を備え、
また本地垂迹説の流行と共に石上神宮の神宮寺としての性格を備えるようにもなり、
興福寺を支配していた2大院家の一方である大乗院の権威を背景として、
室町期には絶大なる勢力を誇った。

『太平記』によると延元元年・建武3年(1336年)には後醍醐天皇が
一時ここに身を隠したと伝えられ、「萱御所跡」という旧跡が残された。

かつては浄土式回遊庭園を中心に、本堂、灌頂堂、八角多宝塔、三重塔など
最盛期には50以上の堂塔が並ぶ大伽藍を誇り、
江戸時代には971石の朱印地を与えられていた。
大和では東大寺・興福寺・法隆寺に次ぐ待遇を受ける大寺であり、
その規模の大きさと伽藍の壮麗さから、江戸時代には「西の日光」とも呼び習わされた。


また、当寺は修験道当山派との関わりも深く、
当山三十六正大先達衆を構成する一寺として、重要な役割を果たしており、
これは修験道が明治の神仏分離令で禁止された結果、
続く廃仏毀釈で当寺が致命的な打撃を被る一因となった。
明治に入って廃仏毀釈の嵐の中で寺領を没収され、
経営基盤を奪われた当寺は廃寺となって僧侶は還俗し、石上神宮の神官となった。
更に、壮麗を極めた堂宇や什宝はことごとく徹底した破壊と略取の対象となった。
この際流出した仏像・仏画・経典等は
いずれも製作当時の工芸技術の精華と言うべき優品揃いであったことが知られている。


海外に流出した宝物の内、
ベルリン民俗学博物館が購入した真然筆と伝えられる真言八祖像などは
第二次世界大戦末期のベルリン市街戦で烏有に帰した。
しかし、日本国内に残存した宝物の大半が、現在重要文化財・国宝指定を受けていることは、
当寺の得ていた富がいかに巨大であったかを物語るものである。
現在では当寺の敷地の大半は農地となり、
本堂池と萱御所跡の碑が往時をしのぶだけである。

pict0030.jpg







pict0031.jpg





内山永久寺は跡形もなく姿を消して、釣り池になっている。

pict0032.jpg







pict0033.jpg







pict0034.jpg





最盛期の内山永久寺伽藍配置。

pict0035.jpg








pict0036.jpg







pict0037.jpg





pict0039.jpg





pict0040.jpg





柿畑に入らないように鉄柵がしてある道。

pict0041.jpg




木の葉のトンネルを抜けていく場所もある。

pict0042.jpg






pict0043.jpg




いたるところに句碑がある。

pict0044.jpg







pict0045.jpg





天気予報を見て晴れると思ってやってきたが、

帰るまで晴れてはくれなかった。

pict0046.jpg






pict0047.jpg





竹林はいたるところにある。

pict0048.jpg





道沿いには果樹園が広がっている。

これはみかん。

みかんが実る12月ころには無人スタンドに1ネット100円で並ぶ。

pict0049.jpg







pict0050.jpg






pict0051.jpg








pict0052.jpg




夜都岐神社にて。

(夜都岐神社の解説)

夜都岐神社(やつぎじんじゃ)は、奈良県天理市にある神社である。
夜都伎神社とも書かれ、「やつき」「やとぎ」などとも読まれる。
春日大社との関係が深く、江戸時代末期まで「蓮の御供」という神饌を献上していた。

春日大社からは、古くなった社殿・鳥居を60年毎に夜都岐神社に
下賜して使用させる伝統があり、
応永13年(1406年)には春日大社の第四殿を下賜されている(春日大社文書)。
また、寛正2年(1461年)4月6日には大乗院の尋尊が参詣に訪れている(大乗院寺社雑事記)。
西には、神宮寺である十来子(じゅうらいし:十羅刹)堂があったが、
現在は乙木集落中の薬師堂に移されている。
拝殿は、この地方では珍しい萱葺である。

pict0053.jpg






pict0054.jpg






pict0054.1.jpg





夜都岐神社の横には池がある。

pict0055.jpg






pict0057.jpg






pict0058.jpg




夜都岐神社そばの田んぼのあぜ道に咲いていたコスモス。

pict0060.2.jpg




夜都岐神社を後にした。

pict0061.jpg




夜都岐神社近辺の民家。

pict0062.jpg





pict0063.jpg






pict0064.jpg






pict0065.jpg




ブルーベリーと思われるものもあった。

pict0066.jpg






pict0067.jpg






pict0068.jpg






pict0069.jpg






pict0070.jpg





pict0071.jpg




ゴーヤ

pict0072.jpg



竹之内環濠集落を撮影。

環濠集落は、南北朝時代から筒井順慶による統一まで、
大和の戦国乱世が生んだ自衛の集落である。
周囲に堀を穿って成立したと考えられている。
溝の内外を土塁により盛り上げ、
さらに外側には竹を植えることにより防衛性を高めた。

pict0075.jpg






pict0076.jpg






pict0077.jpg





pict0078.jpg






pict0079.jpg





pict0080.jpg




萱生環濠集落(かようかんごうしゅうらく)

pict0081.jpg






pict0083.jpg






pict0085.jpg





pict0086.jpg





西殿塚古墳「衾田陵」が見えている。

大和古墳群で最大のもの。
4世紀初頭のごく初期の大型前方後円墳で、
古さでは箸墓古墳「大市墓」に準ずると見られている。
全長234mもあり衾田の陵と呼ばれている。
天理市中山町西殿塚にある。
明治9年、継体天皇の皇后・手白香皇女陵に治定されたが、
考古学的知見とは時代が合わないようである。
「邪馬台国」の女王・卑弥呼に続く台代(とよ)の墓ではないかと云われている。
西殿塚古墳は実際にミマキイリヒコ(崇神天皇)が葬られた所と見る説もある。

pict0087.jpg






pict0088.jpg






pict0089.jpg




衾田陵(ふすまだりょう)

pict0090.jpg





pict0091.jpg






pict0092.jpg






pict0093.jpg




念仏寺脇の池。

pict0094.jpg




念仏寺にて。

pict0095.jpg




この寺はもと真言宗であったが、承応元年(1652)浄土宗に改められた。
それより以前、二度焼失している。本尊は阿弥陀如来である。

pict0096.jpg






pict0097.jpg






pict0100.jpg





pict0101.jpg





中山廃寺あたり。

pict0103.jpg





中山廃寺にて。

pict0104.jpg






pict0105.jpg





pict0106.jpg




万葉学者犬養孝氏の筆になる万葉仮名の歌碑
「衾路(ふすまじ)を引手の山に妹を置きて 山路を行けば生けりともなし」
人麻呂が妻の亡骸を葬った帰途に詠んだ歌。
引き「手の山」とは背後の竜王山

pict0107.jpg





pict0108.jpg





pict0109.jpg





pict0110.jpg




長岳寺前にて。

pict0110.1.jpg





pict0111.jpg



pict0112.jpg






大門

(長岳寺の解説)

長岳寺(ちょうがくじ)は奈良県天理市柳本町にある高野山真言宗の寺院。
本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は空海(弘法大師)とされる。
関西花の寺二十五霊場第19番札所。
日本最古の歴史の道といわれる山の辺の道のほぼ中間点に位置している。
釜口大師の名で親しまれている。
天長元年(824年)に淳和天皇の勅願により空海(弘法大師)が
大和神社(おおやまとじんじゃ)の神宮寺として創建したという。
盛時には48もの塔頭が建ち並んでいた。

pict0114.jpg





旧地蔵院(庫裏)

pict0115.jpg





楼門

pict0116.jpg




放生池越しの本堂を撮影。

pict0117.jpg





pict0118.jpg






pict0119.jpg





pict0120.jpg





拝堂を撮影。

pict0121.jpg






pict0122.jpg






pict0124.jpg






pict0125.jpg





本堂屋根部分

pict0126.jpg






pict0127.jpg




拝堂

pict0128.jpg






pict0129.jpg





本堂を撮影。

pict0130.jpg




本堂屋根部分

pict0132.jpg




本堂屋根部分

pict0133.jpg




長岳寺近くの風景。

pict0135.jpg





長岳寺のすぐそば。

pict0136.jpg







pict0136.1.jpg





崇神天皇陵

崇神天皇(すじんてんのう)は、『古事記』『日本書紀』に記される第10代の天皇。
現代の日本の学術上、実在の可能性がある程度見込める初めての天皇である。

pict0137.jpg






崇神天皇陵からの眺め

pict0138.jpg







pict0139.jpg






pict0140.jpg







pict0142.jpg







pict0144.jpg







pict0145.jpg





崇神天皇陵からの眺め

pict0146.jpg







pict0147.jpg







崇神天皇陵の濠

pict0149.jpg






櫛山古墳の濠部分

櫛山古墳(くしやまこふん)は、奈良県天理市柳本町に所在する
古墳時代前期後半の双方中円古墳である。

pict0148.jpg






pict0150.jpg






pict0151.jpg







pict0152.jpg






pict0153.jpg






pict0154.jpg






pict0155.jpg




景行天皇陵

景行天皇陵は、奈良県天理市渋谷町にある前方後円墳である。
江戸時代には崇神天皇陵と思われていた。
築造年代は現在の崇神天皇陵である行燈山古墳より
少し遅れた4世紀後半と推定される。

pict0156.jpg






pict0157.jpg





pict0158.jpg




景行天皇陵

pict0159.jpg






pict0160.jpg







pict0161.jpg





景行天皇陵を後にしてまもなくのところ。

pict0162.jpg







pict0000.jpg








pict0165.jpg






pict0166.jpg






pict0167.jpg





pict0168.jpg






pict0169.jpg





pict0170.jpg






pict0171.jpg






pict0172.jpg






pict0173.jpg






pict0174.jpg






pict0175.jpg






pict0176.jpg





pict0177.jpg






pict0178.jpg






pict0179.jpg




これも無人スタンドで売られていたもので、

1把100円である。

pict0180.jpg





pict0181.jpg





pict0182.jpg






pict0183.jpg




大和の青垣

桧原神社から北へ向かう「山の辺の道」は、
それまでの山道と違って道幅が広い。
進行方向の左側はミカンをはじめとする果樹園の緩やかな丘陵が下り、
その向こうに大和盆地が広がっていてまことに眺望がよい。
遠方に生駒山や矢田丘陵が横たわり、
右手には纒向や三輪の山々が緑の垣根を作っている。
大和の青垣と言われるゆえんである。

pict0184.jpg






pict0185.jpg






pict0186.jpg





桧原神社

桧原神社は、万葉集などに「三輪の檜原」と
数多くの歌が詠まれた台地の上にある。
大和国中が一望できる絶好の場所に位置し、
眼下に箸墓の森が見え、二上山の姿も美しい。
かってこの付近は大和の笠縫邑と呼ばれた。
そのため境内には「皇大神宮倭笠縫邑(やまとのかさぬいのむら)」と
書いた大きな石碑が立っている。
檜原台地に建つ桧原神社は、大神神社付近の摂社群の中では、
最も北に位置している上に社格も最も高く創建も古い。
天照大神が伊勢神宮に鎮座する前に、宮中からこの地に遷され、
この地で祭祀されていた時代がある。
伊勢神宮へ遷されると、その神蹟を尊崇して、
檜原神社として引き続き天照大神を祀ってきた。
そのため、この神社は広く「元伊勢」の名で親しまれている。
寛政年間の台風によって、檜原神社は大きな被害をこうむり廃墟と化してしまった。
だが廃墟のまま祭礼は行われてきた。
戦後になって、現在のように整備された。
三輪山の中にある磐座をご神体にしているので、
檜原神社には本殿はなく、拝殿もない。
だが、大神神社では見えなかった三輪特有の「三輪鳥居」と
その奥にある神籬(ひもろぎ。神霊が降臨する時の臨時の宿り場所。
小さめの樹木や岩石が選ばれる)などが再建されいる。

pict0187.jpg







pict0188.jpg






pict0189.jpg







pict0190.jpg







pict0191.jpg





pict0192.jpg





pict0193.jpg






pict0194.jpg




玄賓庵

9世紀、玄賓僧都がここに草庵を結んで世を忍んだといわれ、
謡曲「三輪」の題材となっている。

pict0195.jpg






pict0196.jpg






pict0197.jpg






pict0198.jpg






pict0199.jpg






pict0200.jpg






pict0201.jpg






pict0202.jpg






pict0203.jpg





pict0205.jpg






pict0206.jpg





pict0207.jpg




八大竜王弁財天

pict0208.jpg






pict0209.jpg





八大竜王弁財天

pict0210.jpg






pict0002.jpg



狭井神社

大神神社の摂社で狭井神社(さいじんじゃ)がある。
病気平癒で全国的に有名で、ここにある薬井戸から湧き出る水も御神水として
崇められている。

pict0003.jpg





pict0004.jpg






pict0005.jpg





pict0006.jpg






pict0007.jpg





pict0008.jpg




pict0009.jpg




大神神社

大神神社(おおみわじんじゃ)は奈良県桜井市にある神社である。
式内社(名神大)、大和国一宮で中世には二十二社の中七社のひとつとされた。
三輪明神、三輪神社とも呼ばれる。
大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀る。
日本神話に記される創建の由諸や大和朝廷創始から存在する理由などから
「日本最古の神社」と称されている。
日本国内で最も古い神社のうちの1つであると考えられている。
三輪山そのものを神体(神体山)として成立した神社であり、
今日でも本殿をもたず、拝殿から三輪山自体を神体として仰ぎ見る
古神道(原始神道)の形態を残している。
自然を崇拝するアニミズムの特色が認められるため、
三輪山信仰は縄文か弥生にまで遡ると想像されている。
拝殿奥にある三ツ鳥居は、明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものであるが、

日本唯一のものではなく、他にも三ツ鳥居は存在する。

pict0010.jpg





大神神社まで歩いて、ここで今回は旅を終えることにした。

JR三輪駅から天理駅まで引き返して、車に戻った。

pict0011.jpg

撮影:Nikon D300、NIKKOR AF18mm~200mm VR
PENTAX K10D、PENTAX DA55-300mmF4-5.8ED

山の辺の道はまだ他にも見どころがあるのですが、

ガイドブックを見ずに歩きましたので、いくつか見落としてしまいました。

違う季節に歩いてもう一度ご紹介できればと思います。

そしてまた近いうちに違う場所を同じように歩いて

ご紹介するつもりです。(完)






nice!(15)  コメント(8) 

nice! 15

コメント 8

STEALTH

一気に見ました。圧巻です。
by STEALTH (2009-09-04 07:39) 

mitsu

おはようございます!原風景堪能です
暗部から明るい部分にかけての再現なんて流石ですね
測光じょうずくないので勉強なりますよっ
基本パンフォーカス的なお写真が多めのminsukeさん、、、
絞りの数値も多そうですが、センサーのゴミ対策とかされてます?
マイCanonはF16以上だと如実にゴミが写りこんできますよ
まぁ、定期的にクリーニング出せばよいことなんですが、、、
ロケでレンズ小まめに換えてるとホコリの浸入は防げませんよね
デジタルのゴミがこんなにシビアだとは、、、^^;
by mitsu (2009-09-04 07:47) 

マリエ

これ全部いいです。すごいはまとめると更に圧巻ですね。
解説もいいし、歴史が好きなのでやっぱりふるいものやいわれのあるもの、そういう場所、ロマンを感じます。(*^-^*) ニッコリ☆
ゆっくり歩いてみたい場所ですよね。いいなぁ~♪
by マリエ (2009-09-04 11:27) 

kaoru

こんにちは。
本当に圧巻ですね。
素晴らしいお写真の数々を
じっくりと楽しませていただきました。
by kaoru (2009-09-04 12:11) 

soichiro

奈良は奈良でまたいい雰囲気を持った街ですね。
ついつい京都のほうばかり目が行ってしまう私、反省中です。
緑の中に朱や橙があると、すごいアクセントになりますね。
とても楽しませていただきました。ありがとうございます。
by soichiro (2009-09-04 16:28) 

minsuke

皆さん、とても長い記事にコメントいただきましてありがとうございます。
意外にアクセス数が非常に多く、うれしい限りです。
見ていただいた方もありがとうございます。

質問がありましたので回答します。
mitsuさん、測光はカメラ任せです。
液晶で判断しているだけです。
カメラによってはシビアになるので、何回も撮りなおしたりします。
高いカメラほどカメラ任せですむので楽ですね。
ゴミもカメラによって付きやすさが違うみたいですね。
nikonのD300は付きにくいみたいです。
pentaxのK20D、K10Dは結構付きますね。
ミラーアップしてブロアーで飛ばしていますよ。
確認するときは空を写してカメラの液晶画面で再生して
確認しています。
大雑把な正確なのでそれぐらいしかしていないですよ。^^;

soichiroさん、奈良はハイキングが好きな人ならとても楽しめる場所です。
ハイキングコースは他にもいくつかあります。
京都は、田舎が少ないので歩くというより、車で移動してしまいますね。
僕は歩くのがとても好きなので、奈良を歩いて写真を撮ると
爽快な気分になります。
一方、京都は立派なお寺が多いので写真栄えします。
奈良に比べて、駐車場代や拝観料をしっかり取られますので
お金はかかるのがネックですが、やはり魅力的な場所ではありますね。

by minsuke (2009-09-04 18:33) 

Rae

見たことのある(見慣れてる)場所も、なんだか違う場所のようです。
こうやってみると、奈良って緑が多かったんだなぁ。
by Rae (2009-09-04 20:14) 

LittleMy

満喫しました。
楽しかったです☆
by LittleMy (2009-09-08 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。